信越本線の歴史

信越本線の横川(群馬県)一軽井沢(長野県)間11.2kmは、明治26年(1893)にわずか1年半の工事期間で開通しました。

すでに明治18年(1885)に高崎一横川、明治21年(1888)には直江津(新潟県)一軽井沢間が開通していたので、東京と群馬・長野・新潟が直結されました。横川ー軽井沢間の開通で、当時最大の輸出商品であった生糸(きいと)を長野県・群馬県から東京や横浜まで大量に輸送し、ヨーロッパなどに輸出し外貨獲得に貢献しました。

険しい地形にレンガで造られた橋梁・トンネル

めがね橋

横川一軽井沢間は11.2kmですが、標高差は552.5mで66.7%c/パーミル(1,000m走る間に66.7nm登る)の急勾配のため当時ドイツのハルツ山鉄道で採用されていたアプト式を導入しました。アプト式は線路の中央にノコギリ型のラックレールを置き、機関車に取り付けた歯車(ピニオンギア)を噛み合わせて登ります。この区間に26のトンネルと18もの橋梁(きょうりょう)があることで険しい地形が想像できます。

信越本線のトンネルや橋梁は約1,801万個のレンガで造られています。横川から3番目の第3橋梁(めがね橋)は長さ91m、高さ31mで約203万個のレンガ造りで日本最大のレンガ造リアーチ橋です。

日本初のアプト式電気機関車の運行開始、時代の進歩に合わせてEF63型電気機関車を製造

日本初のアプト式電気機関車の運行開始、時代の進歩に合わせてEF63型電気機関車を製造

さて、トンネルが26もあると蒸気機関車の煙がトンネル内に充満し機関士や乗客が窒息する恐れもあり、まずそこで明治45年(1912)、日本初のアプト式電気機関車の運行が開始されました。この区間の電力供給のために、横川駅近くに火力発電所を建設し、丸山変電所、矢ケ崎変電所1軽井沢)なども建設しました。

時代が進むと速度の遅いアプト式では物資や乗客の増加に対応できず、昭和38年(1963)信越本線新線を建設し、機関車も特別重く強力な新線専用に製造したEF63型電気機関車で輸送力増大を図りました。

信越本線、104年間の歴史に幕を閉じる

変電所二棟

平成5年(1993)これら目本の近代産業発展に大きく貢献した価値が認められ『碓氷峠鉄道施設』が目本初の近代化遺産として国重要文化財に指定されました。

しかし、平成9年9月 (1997)長野(北陸)新幹線開通に伴い廃線になり、信越本線の104年間が終わりました。

平成13年(2001)廃線跡に遊歩道『アプトの道』(横川-めがね橋)が整備され、平成24年(2012)には熊ノ平駅跡まで延長されています。