信越本線高崎~横川間 開業135周年を記念した ヘッドマークの掲出およびマンホール蓋の設置について

2020年10月15日に信越本線高崎~横川が開業135周年を迎えました。

それを記念して安中市、一般社団法人安中市観光機構、碓氷峠鉄道文化むら、東日本旅客鉄道株式会社高崎支社では、2021年1月~3月中に運転する「SLぐんま よこかわ」および「碓氷峠鉄道文化むら」に展示されているSLに記念ヘッドマークを掲出するとともに、同デザインのマンホールの蓋を横川駅に設置いたします。

是非、この機会に「SLぐんま よこかわ」や「碓氷峠鉄道文化むら」など魅力が満載の信越本線沿線にお越しください。

 

1.記念ヘッドマークの掲出について

(1)「SLぐんま よこかわ」への記念ヘッドマーク掲出について

2021年1月~3月の「SLぐんま よこかわ」「DLぐんま よこかわ」「ELぐんま よこかわ」に、 135周年記念ヘッドマークを掲出して運行いたします。ヘッドマークのデザインは碓氷峠の自然や碓氷第三橋梁(めがね橋)をイメージしています。

「SLぐんま よこかわ」の運行日については以下のURLをご確認ください。

https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/slgunma.html

その他のイベント開催に伴い、記念ヘッドマークを掲出しない場合もございます。

その際は別途ホームページ等でお知らせいたします。

 

(2)「碓氷峠鉄道文化むら」内のSLへの記念ヘッドマーク掲出について

2021年2月6日(土)に「碓氷峠鉄道文化むら」に展示されているSL D51 96に記念ヘッドマークを掲出いたします。

2.記念ヘッドマークデザインのマンホールの蓋の設置について

2021年1月2日(土)から、碓氷峠鉄道文化むら内のSLに掲出される記念ヘッドマークと同デザインのマンホールの蓋を横川駅に設置いたします。マンホールの蓋をスマートフォン等の専用アプリ(COCOAR2)で読み込むと、カメラ画面に過去に信越本線を走っていた列車のイラストが表示され、カメラに写っているイラストと写真を撮ることができます。

上記QRコードからCOCOAR2をダウンロードできます。

記念マンホール蓋のイラストを読み込むとイラストが現れますのでお試しください!

 

《参考》信越本線高崎~横川間の135年のあゆみ

1885年(明治18年)10月15日:信越本線 北高崎(旧飯塚)・安中・磯部・松井田・横川が開業

1893年(明治26年)4月1日:横川~軽井沢間、アプト式鉄道を用いて開通

1962年(昭和37年)7月15日:高崎~横川間電化

1963年(昭和38年)9月30日:横川~軽井沢間 アプト式廃止

1966年(昭和41年)10月1日:上野~長野間で特急「あさま」の運行開始

1997年(平成9年)9月30日:横川~軽井沢間廃止

1997年(平成9年)10月1日:北陸新幹線(東京~長野間)開業

2020年(令和2年)10月15日:開業135周年

 

1885年の高崎ー横川区間の鉄道開通により、鉄道で栄えた横川。

在来線やSLに乗って安中市に来てくれるお客様のおもてなしとして、

開業135周年を祝うデザインを、SLのヘッドマーク、横川駅構内のマンホール、碓氷峠鉄道文化むら園内で展開。

訪れた人に信越本線の歴史に触れてもらい、沿線に住む人たちも汽笛が鳴ることへの親しみを高めることが目的。

住む人も訪れた人も、このまちの良いところを自ら発信したくなるデザインで。

 

【デザイン】

Anoraks
http://www.anoraks.me
Anoraksは古川太一と拓也の兄弟によるグラフィックデザインチーム。

印刷物、ファッション、Webなどの分野で、商業的・自主的なプロジェクトを柔軟に行っている。

古川太一
1982
年生まれ。自身の作曲チームKONCOSを中心にミュージシャンとして活動。

Instagram: http://instagram.com/taichifurukawa
Twitter: http://twitter.com/taichifurukawa
KONCOS: http://koncos.net/